時間活用術のイロハ……時間活用コンサルタント河野陽炎の実践講座……

大阪南部在住の時間活用コンサルタント、河野陽炎(こうの かげろう)です。 ライター・コラムニストとしての活動を続けるうち、時間管理・時間活用の大切さ、大変さに直面しました。充実したフリーランス生活を送ることができるよう、日々修行中です。

壁を大きな時計に変えました

私は一軒家に住むSOHOです。生活に必要なエリア(台所、寝室など)と仕事に使うスペースの線引きが曖昧になりがちですが、ちょっとしたインテリアの工夫で、オフィスエリアはオフィスエリアらしい雰囲気に変わってくれます。

今年は「時間を大切に、もっと活用していこう」という想いのもと、オフィスエリアのある壁を、大きな時計に変えてしまうことにしました。

20160115-3

もともと持っていた時計の文字盤を、お気に入りの画像(Web上で見つけた無料素材)を印刷した紙で隠し、その代り時計の周りに数字を配置します。

1から12の数字には、それぞれ1月~12月のイメージを割り振り、100均で買えるポストカードに数字と画像を印刷。
そしてクラフトボード(A4サイズ、2枚組で108円)のものを半分に切り、ポストカードの台紙とします。

こうして縦100センチ、横140センチほどの大きな時計が出来上がりました。
他のアイテム(造花、人工の緑、小さなぬいぐるみなど)を加えても面白いですし、画像を取り換えていけば、雰囲気も変わりますね。

お手洗いの時間を充実させるために

お手洗いは、ふと緊張がとけて落ち着く場所。

20160112-1


私は、偉人の名言をカードに書いてためていたので、このたびトイレにバーっと貼り出すことにしました。

20160112-2
20160112-3

今貼ってある名言の中で一番好きなのは、
「君は君 我は我也 されど仲良き」
という武者小路実篤の言葉です。


20160112-4

使ったグリーンやパネルは100円均一ショップで買ったもの。配置次第で雰囲気が変えられます。

鏡と同じ側の壁にはお花を飾って、嬉しく、楽しい気分で外に出られるようにしています。


20160112-5
20160112-6

お手洗いをきれいに保つことは、運気を上げると言われていますし、何よりも自分自身が気持ちよく過ごすことができます。

同じ時間を「より気持ちよく、より楽しく過ごす」「そのためには、どういう工夫が必要か?」と考えることが、時間活用において最も大切なことです。そして工夫の範囲は時間の使い方そのものに限るのではなく、空間や道具の使い方にも及んでいくのです。

家事の時間は本当に短縮すべき?

現在の住まいに引っ越してから、私にとって「友人を家に招き、共に過ごす時間」がとても大切になりました。

友人が来ると、お茶やお菓子の準備をするのですが、「友人にソファでくつろいでもらいいながら、私が友人に背を向けて台所でドタバタと用意をする」のは、あまり良いこととは思えません。

そこで、台所、ダイニング、リビングのレイアウトそのものを
・大人数の来客に対応しやすく、すぐにお客様用の食器を取り出せる状態
・友人にも気軽に、ダイニング・キッチンスペースに立ち入ってもらいやすく、お茶が欲しいタイミングで自由に飲んでもらえる状態
に変えることにしました。(ここまでの作業は年末に完了

さらに年が明けてからは、
「友人を歓迎している雰囲気を、もっと出したい」
と思うようになりました。

友人が家に入って、まず目にするのは玄関です。玄関の飾りつけを下のように変えてみました。

20160110-1
20160110-2


「WELCOME!!」の飾りは、インターネット上で配布されている千代紙素材と、ワードで印刷した文字、家にあった額縁などを利用して作ったもの。時間にして半日ほどかかりましたが、これから訪ねてくれるであろう友人たちの顔を想像しながら作ると、とても充実した時間を過ごした感じがします。

招き猫のぬいぐるみは、私が20歳くらいのときJR難波駅の催し物で購入。置いたときの安定感を保つためでしょうか、胴回りが非常に太くできているので、軽いわりには持ち帰るのが大変でした。

さて、不思議なことですが「これで友人が来ても、大丈夫!」と思うと、友人が訪ねてくる機会は増えます。私自身にも「新しくなったインテリアを見て欲しい」というい気持ちが生まれますので、友人が訪ねてくることが楽しくなります。

時間活用という観点からは、「家事の時間=短縮すべきもの」と考えがちです。確かに手順を考えず、だらだらと時間を浪費してしまう家事のやり方は変えるべきです。
ただ、「家事が楽しい」「もっと居心地のいい家を作り、日々の疲れを癒し、活力を取り戻せるようにしたい」「多くの人に訪ねて来てほしいから、そのための手間暇をかける」など、明確な目的や楽しみがある家事の時間は、人生を充実させるために必要です。

「大事にしたい時間」をより充実させるために、インテリアを変え、自身の振る舞い・動線について考え、家を作っていく。あるいは「模様替えをしたい」という衝動に駆られたとき、「今の生活の何を変えたいと思っているのか?」と自分の心に問いかけてみる。
こういう時間を、これから定期的に持って行きたいと、改めて思いました。

にほんブログ村
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文