時間活用術のイロハ……時間活用コンサルタント河野陽炎の実践講座……

大阪南部在住の時間活用コンサルタント、河野陽炎(こうの かげろう)です。 ライター・コラムニストとしての活動を続けるうち、時間管理・時間活用の大切さ、大変さに直面しました。充実したフリーランス生活を送ることができるよう、日々修行中です。

今年、やりたいこと

2016年は暦の関係もあり、「正月三が日が過ぎればすぐに仕事」という方も多かったのではないでしょうか?
私も4日の日中に、東京から来た友人と「美々卯」でお昼をいただいたのを最後に、昨日の夜から金融関係の原稿に取り組んでいます。

さて私は、年末年始の休暇に「やりたいこと」をリストアップしました。できるかどうかは関係なく、考えると楽しくなるようなことを、まずはリストアップしていくのです。

その一部をご紹介すると
・2億円を稼ぐ(パートナーや家族との幸せな生活のために)
・新しいノートパソコンを手に入れる
・友人を家に招いてお話したい
・ヨットに、もっとうまく乗れるようになる
・午前中は仕事、午後には自分の好きなことをする生活
・英語能力を高める(特にヒアリング、海上無線の試験で必要なため)
・酸欠作業・硫化水素の資格(労働安全衛生法による)を取る
・電子書籍の執筆を進める(1月上旬には1冊リリースする)
・編み物(私は鉤針編みが好きです)をする時間を取る
・冷蔵庫に野菜・果物をいっぱいストックしておく
……

そして、各項目を「経済面(キャッシュフロー、資産)」「人間関係」「仕事」「健康」「趣味」「欲しいもの」に分類します。どれかの分野に「やりたいこと」が偏っている場合、人生全体のバランスが悪くなるので、気をつけます。
抽象的な目標は、できるだけ具体的にするのもいいでしょう。たとえば「温泉旅行に行く」だけではなく、冬なのか夏なのか、豪華旅館がいいのか、小規模でアットホームな行きつけの宿にするか、など具体的にしていきます。

そして、項目ごとに「短期で叶えるもの」「中期」「長期」の分類もすることがあります。たとえば「2億円を稼ぐ」というのは長期の目標に分類されるでしょうし、新しいノートパソコン(資産)を手に入れるのは、今のマシンの調子が悪くなりつつあるため、切羽詰った短期の目標と言えます。

私はこのリストを手帳に貼って、いつでも見られるようにしています。実現したものは線を引いて消す、興味のなくなった目標は「なぜ?」の部分を見つめた後、やはり線を引いて消す、逆に1年の途中で欲しくなったものや、したくなったことは書き加えるということを繰り返します。

このリストには、人生の時間がなんとなく過ぎてしまうことがなくなり、いつも積極的にに目標に向かっていけるようになる、という効果もありますが、そもそもこのリストを書くときには、楽しいことばかり想像しているので、リストを見るだけで楽しい気持ちになるというのも、大きなメリットかなと思っています。

季節ごとの行事に感じる意味

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

新年には何かと行事が多く、着物(着飾るためというよりは、伝統の行事にまつわる衣裳)をつけることもあります。普段とは違う気持になることができ、とめど流れている時間に自分から区切りをつけることができる。伝統的な行事に参加することには、そんな意味があるように思います。
20160102-1

さて、年末には新しい名刺を作ることができたので、何気なく身内に差し出してみると……

20160102-2

「……え? こんなにいろいろ、やってるの?」

思えば、身内と仕事の話をする機会は、案外少ないものかもしれません。 離れて暮らしているとなおさらです。
でも「自分の仕事に対する考え、今後の計画などを誰かに話す」ということは、自分で自分を振り返る機会にもなりますね。

また、半年に一度会う人には、日常的に会っている人よりも細かい気遣い・気配りが必要ですが、自分がいつの間にか怠惰になっていた部分、気の利かない部分などを見つめ直し、今後の人間関係に活かしていくことができる機会にもなります。

私も今日は、親戚たちとの再会を楽しみたいと思います。

年末年始、いつもとは違う取り組みをしてみよう

年末年始は、日常業務から離れ、いつもとは違う時間の過ごし方ができる時期です。旧友や親戚と再会をし、他の人が頑張っている話を聞いて、「よし、自分も!」と思う人も多いでしょう。

ただ、1つ注意したいことがあります。

年末年始に独立・起業などの大きな決断をするなら、実行に移すのはできれば休暇明け、いったん通常業務に戻ってみてからのほうがいいでしょう。独立・起業は、勢いだけで突っ走ると大変です。

「年末年始はいつもと違う精神状態にある」と自覚しつつ、「いつもとは違う観点からものを見る」ことが大切。
仕事の将来についても、「5年後、10年後になっても続けていきたい仕事か?」「会社内にとどまり続けた場合、5年後、10年後にはどんな業務に携わっていて、それは自分に向いている仕事だろうか?」と考えながら、いきなり退職・独立などの行動を起こすのではなく、「退職・独立の準備を始めるかどうか」を考える程度にとどめるのがよいでしょう。

そして、休暇が明け、通常業務が始まって平時の精神状態に戻ったときに「やっぱり、独立・起業したい」という気持のほうが強くなるか、それとも「今の仕事を続けたい」という気持を大事に思うかを見極めても遅くはありません。いったん独立・起業をしたら、十年、二十年と走り続けなければいけないのですから、年末年始にホンの数日、立ち止まって考えることは、けっして無駄な時間とは言えないでしょう。

さて、年末年始に考えることをお勧めしたいのは、「本を1冊書き上げる」とことです。

個人が「本を出版する」ことのハードルは、電子書籍という仕組みが登場して以降、一気に下がりました。

特に、私が行っているようなライター、コラムニストなどの仕事に興味のある方は、電子書籍を1冊~3冊程度、ご自身で企画・構成を行い、書き上げてみるということをお勧めしたいです。売上につながるから、というよりも、次のようなことをご自身でチェックできる機会となるからです。

・ライターに求められる企画・構成力が備わっているか?
・読者のニーズを把握する力があるか?
・1つのテーマを掘り下げて、まとまった量の文章を書く力があるか?
・時間管理をきちんと行い、根気よく書き続けることができるか?

電子書籍として文章をまとめるには、文字数にして1万5,000字~2万5,000字程度が必要ですが、紙媒体の本(10万字以上)に比べると文字数が少なくて済みます。それでも、2万字程度の文章や資料・画像などを用意するのには根気と、目標達成のためのモチベーションが必要です。

しかし、「電子書籍をまとめあげた実績がある」ということは自信にもつながり、ご自身のウェブサイト等でもアピールしやすい大きなポイントとなるでしょう。

もちろん、ライター、コラムニストを志望していない方であっても、これまでの業務実績を振り返り、今後の展望について考え、それを多くの人にアピールする手段として、電子書籍をまとめるのは良い方法です。通常業務に追われることのない年末年始には、落ちついて考える時間を持つこともできるでしょう。

年末年始には、普段と違う取り組みを行い、何か1つ自信をつけて通常業務に戻って行けるといいですね。

にほんブログ村
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文