時間活用術のイロハ……時間活用コンサルタント河野陽炎の実践講座……

大阪南部在住の時間活用コンサルタント、河野陽炎(こうの かげろう)です。 ライター・コラムニストとしての活動を続けるうち、時間管理・時間活用の大切さ、大変さに直面しました。充実したフリーランス生活を送ることができるよう、日々修行中です。

「いつ勉強してんの?」

私はライターコラムニストとして原稿を執筆している時間がもっとも長いです。もちろん、取材のために徒歩と電車で出かけることもあります。

さらに、闘病者として病院へ通うこと、日常生活を成り立たせるための家事・買い物も大切に考えます。これらをおろそかにすると、集中力がなくなり、ろくでもない原稿しか書けなくなるとともに、顔色が悪くなり、髪もパサついて手入れが大変。毎日、一定の時間をかけて自分の身体をケアし、「お疲れ様」と語りかけます。

以前から好きだった洋画鑑賞と、企業サスペンス小説を読むための時間も確保したいです。
さらに、2015年の初夏からは、ディンギーヨットに乗り始めたので、ヨットハーバーへも行っています。

仕事と趣味の中間にあるのが「資格を取る」こと。ライターには免許・資格は必要ありませんが、変わった資格を持っていることで注目を集めることができます。2015年には業務としてチェーンソーを取り扱うことができる講習を受けたり、Webプロデュースの試験を受けて落ちたり、応用情報技術者試験に予想外の合格をしてお腹を壊したりと、いろんなことがありました。

さて、私がとても嬉しかったのは、ごく最近、親しくなった魅力的な人から、「いったい、いつ勉強してんの?」と不思議そうに問われた瞬間です。
このように言ってもらえるのは、時間活用がうまくできていることの表れだと思うのです。仕事、趣味、日常生活……などの切り換えがきちんとできているから、遊び仲間から見た私が「ちゃんと遊びを楽しんでいる」ように見えていること、そして「もっともっと、頑張らなくちゃ……」といった苦しさ・葛藤が、遊び仲間には伝わらずに済んでいるということでしょう。

時間活用術は、色々な予定を詰め込んで、息を切らして人生を歩いていくためのものでは、ありません。
色々な予定に取り組みながら、楽に息をして、マイペースで生きていくために、活用するものなのです。

時間の使い方を記録する

時間活用術に取り組む前に、まずは「今、どんな不満があるのか?」を明らかにしましょう。

◆やることが多すぎて、1つの事にじっくり取り組む時間がない
◆なんとなく無駄に過ごしている時間が多く、充足感がない

この2つの不満について、解決法は全く異なります。

不満の輪郭を明らかにするために役立つのが「今、どんな時間の使い方をしているのか」を記録することです。「なんとなく、もやもやとした不満」が、記録することで輪郭を持ち始めます。

記録し、改善すべき点を明らかにして、次の日の時間配分に役立てることを1週間ほど続けましょう。1週間にわたり、全ての曜日について記録をすると、次の週、次の一か月、といった長期的な計画も立てやすくなります。

あまりにも詳細な記録を取ろうと、初めから力を入れると疲れてしまいます。簡単なメモ程度でもかまわないので、まずは「記録する」ことから始めてみましょう。

↓↓↓記録用紙を作成してみました
http://shikakuwriter.web.fc2.com/time/24hours.pdf


具体的な問題ほど、具体的な解決法が見つかりやすい

時間活用について知りたい・実践したいと考えている人は「現状になんらかの不満がある」のかもしれません。あるいは「不満はないが、より充実した時間を過ごしたい」と考えているでしょうか?


時間活用術にいきなり取り組み始めるのではなく、「何が問題で、どう解決したいのか」を考えるようにしましょう。問題が漠然としていると、対処を行うことができないものです。逆に問題が具体的になればなるほど、具体的な対処法が見つかりますので、まず「今、感じている問題」を書き出しましょう。


 ・「1日2時間、筋トレをする」と決めたが、実際には1時間ほどしか取れない
 ・独学で資格試験合格を目指しているが、学習内容が理解できず、時間だけが流れてしまっている
 ・思ったより費用がかさんでしまっている


次に「なぜ問題が起こっているのか」をより深く考えます。たとえば「1日2時間、トレーニング」が続かなくなったなら、理由として何があるでしょうか?

 ・仕事が忙しくて1時間程度しか時間が取れない
 ・トレーニングの内容が体力的に厳しく、1時間で息が上がってしまう
 ・計画を立てた時点では思いもしなかった理由(家族の急病など)に時間をとられている


ここまで考えれば、解決方法が見えやすくなります。


 ・今は仕事を優先すべきときと考え、いつでも2時間のトレーニングを再開できるよう、体力づくりは続ける
 ・自分の体力に合ったトレーニングを見つけ、徐々にできる時間を増やしていく
 ・家族間で、今後の生活について話し合いをもち、家事代行サービスの利用なども検討して、家族全員が納得いく方向性を考える


このように、「具体的な問題ほど、解決につながる答えが見つかりやすい」ことを、常に意識しましょう。

河野陽炎 公式サイト → http://www.ican.zaq.ne.jp/kagerou/index.html

セミナー・講演等のご依頼は → http://www.ican.zaq.ne.jp/kagerou/service2.html



にほんブログ村
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文